募集要項

奨学金概要

4年間給付型奨学生

給付金額
入学一時金 30万円 奨学金月額 6万円
給付期間
4年間(大学1年生から4年生まで)
給付方法
2カ月毎の一定日に交付(本人名義の銀行等の預金口座に入金します)
返済義務等
  1. 奨学金は給付とし、原則として返済の義務はありません
  2. 奨学生の卒業後の就職、その他一切については、本人の自由とします
  3. 奨学生の資格を喪失した場合、提出内容と事実に虚偽が判明した場合、支給を受けた給付奨学金の全額又は一部を返還していただきます

コロナの影響による一時支援型奨学生

給付金額
奨学金月額6万円
給付期間
1年間(大学1年生)
給付方法
2カ月毎の一定日に交付(本人名義の銀行等の預金口座に入金します)
返済義務等
  1. 奨学金は給付とし、原則として返済の義務はありません
  2. 奨学生の卒業後の就職、その他一切については、本人の自由とします
  3. 奨学生の資格を喪失した場合、提出内容と事実に虚偽が判明した場合、支給を受けた給付奨学金の全額又は一部を返還していただきます

応募資格POINT!

当財団の奨学生となる者は、以下の各号の全てに該当する者とします。

条件 01

兵庫県内の高等学校に
在籍する3年生の者

条件 02

国内の4年制大学に
進学予定の者

条件 03

向学心が高い者

※所得制限はありませんが、より支援が必要な方に支援が行き届くように選考時には世帯所得を考慮いたします。

※他の奨学金制度を利用する予定の者であっても、応募資格を有するものとします。

※奨学生として選考された方が国内の4年制大学に進学しなかった場合には、その資格を喪失します

※各高等学校からの応募者数について制限はありません。

募集概要

募集期間
2024年度奨学生:2024年6月14日~9月2日
募集人数
4年間給付型奨学生: 40名程度
コロナの影響による一時支援型奨学生: 10名程度

※「4年間給付型奨学生」「コロナの影響による一時支援型奨学生」いずれでの採用かは、応募者による選択制ではなく、選考過程で財団が決定します。

選考方法

選考については一次選考として書類選考を行い、一次選考通過者は二次選考として面接を実施する予定です。
(WEB面接を予定しております)

応募方法の詳細は以下ページからご確認ください。

奨学生の決定

  1. 奨学生の決定は、当財団の選考委員会の選考を経て代表理事が行い、選考を通過した場合のみ本人に通知いたします。
    (選考を通過しなかった場合には本人に通知いたしません)
  2. 選考の経過及び決定の理由は公表いたしません。
  3. 選考結果は年内を予定しておりますが、正式な選考状況が確定したらホームページで公表いたします。

奨学生の義務

奨学生は次に定める義務を履行する必要があります。

  1. 在籍の年次が分かる証明書を所定の期日までに提出すること
  2. 下記の場合、所定の方法により当財団へ届け出ること
    • 休学、あるいは長期に欠席するとき
    • 留学するとき
    • 留年したとき
    • 復学するとき
    • 大学より停学処分を受けたとき
    • 退学するとき
    • 最短修業年限(4年間)で卒業ができないことが確定したとき
    • 他の大学や学部に編入することが決まったとき
    • 当財団の奨学金受給を辞退するとき
    • 当財団に登録した情報等(氏名、住所、電話番号、メールアドレス、振込口座等)に変更があったとき
  3. 当財団からの下記依頼の協力
    当財団が奨学生交流会を開催した場合には、可能な限り出席しなければなりません

奨学金の休止または廃止について

以下の場合は奨学金を休止または廃止します。

  1. 休学、あるいは長期に欠席するとき
  2. 休学して留学するとき ※
  3. 留年したとき ※
  4. 大学より停学、退学処分を受けたとき
  5. 傷病などにより成業の見込みがなくなったとき
  6. 学業成績又は性行が不良となったとき
  7. 当財団の奨学金受給を辞退するとき
  8. 上記の他、奨学生として適当でない事実があったとき

※コロナの影響による一時支援型奨学生は、1年間の支給の為該当しません

※休学して留学する場合は、休学期間中は奨学金を休止します

※留年した場合は、奨学金を休止しますが、進級したときは奨学金の給付を再開します

募集要項のPDFはこちらからダウンロードいただけます